1からわかるナットウキナーゼの効果徹底ガイド

血液さらさら♪ナットウキナーゼの健康効果をまるごと解説

HOME » なぜなに納豆キナーゼ質問箱 » 副作用はある?

副作用はある?

納豆キナーゼには副作用があるのかを検証。ナゥトウキナーゼのサプリを使おうと考えている人は必見です。

ナットウキナーゼに副作用があるの? 

ナットウキナーゼは、納豆にしか含まれていない酵素です。基本的には食品由来ですので、健康な人であれば副作用の心配はありません。

けれども健康状態によっては注意が必要な場合もあります。それは、抗血液凝固剤(ワーファリン)を常時服用している人です。

「血栓・塞栓症の治療や予防で薬を飲んでいるから、納豆は食べられない」というお話を聞いたことはありませんか?

これは、納豆にはビタミンK2というものが豊富に含まれてことに理由があります。ビタミンK2には、血液を凝固させる一連の流れに関連があると言われており、血栓の発生を抑制する作用があります。

しかし、納豆に多く含まれているビタミンK2を一緒に摂取してしまうと、薬の効果が失われる可能性があるのです。

凝縮納豆酵素ナットウキナーゼをはじめとして、近年のナットウキナーゼサプリメントには、このビタミンK2を除去したものが増えています。ただ、中には非表示であったり、納豆成分をまるごと取り入れるためにあえてビタミンK2を残しているサプリメントもあります。

そのため、薬を服用している人がナットウキナーゼを摂取する際は、ビタミンK2の有無に注意をし、できれば医師や薬剤師に相談をすることをおすすめします。

また、ナットウキナーゼ=血液サラサラということから、ナットウキナーゼを採りすぎると怪我をした時に血が止まりにくくなるのでは?という意見もあります。

こちらも、日本ナットウキナーゼ協会が推進する2000FU以内であれば問題はありません。もちろん、くれぐれも採り過ぎには注意しましょう。