1からわかるナットウキナーゼの効果徹底ガイド

血液さらさら♪ナットウキナーゼの健康効果をまるごと解説

HOME » なぜなに納豆キナーゼ質問箱 » 1日の目安摂取量は?

1日の目安摂取量は?

1日にどのくらい摂取すれば、納豆キナーゼの効果を十分に得られるのか?その目安量を解説。ナットウキナーゼの単位「FU」についても説明しています。

納豆キナーゼの摂取は1日2000FUが目安

日本ナットウキナーゼ協会が推奨する、一定の効果が期待できる1日の摂取量は、2000FUです。

FUとは、フィブリン(血液が餅状に固まったもの)分解ユニットの略で、ナットウキナーゼが血栓を溶かす力を表した単位のことを言います。

そもそも、ナットウキナーゼは倉敷芸術科学大学の須見教授によって1980年(発表は1986年)に発見された、新しい栄養素です。

それまで「納豆は健康に良い」と漠然と言われていたのですが、この発見によって、納豆が血液をサラサラにすることがわかりました。

そのメカニズムは次の3つ。

  • 血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけ分解(溶解)する作用
  • 身体の中の血栓溶解酵素であるウロキナーゼの前駆体プロウロキナーゼを活性化する作用
  • 血栓溶解酵素プラスミンを作り出す組織プラスミノーゲンアクチベーター(t-PA)量を増大させる作用

これらが十分に働くために必要なのが、2000FUなのです。

ただ、納豆で2000FUの納豆キナーゼを取り入れるには、1日2~3パックを食べることが必要です。そもそも胃酸に弱い納豆菌ですので、納豆からナットウキナーゼを効果的に採るのは難しいと言えます。

やはりサプリメントが一番と言えるでしょう。

1日2000FUのナットウキナーゼを摂取できるサプリメントとしては、以下のようなものが挙げられます。

凝縮納豆酵素ナットウキナーゼ

凝縮納豆酵素ナットウキナーゼ 価格/内容量 5,229円(税込)/93粒
ナットウキナーゼ
含有量
2000FU
その他の特徴 日本ナットウキナーゼ協会の審査をクリアしたJNKAマーク認定サプリ
血液サラサラ効果の妨げになるビタミンK2を除去
長年、明太子食品の生産を手がけてきた食品会社「やまや」の製品で、衛生面や安全性にもこだわっている
 

納豆博士

納豆博士 価格/内容量 6,300円/90粒
ナットウキナーゼ
含有量
2000FU
その他の特徴 日本ナットウキナーゼ協会認定のJNKAマーク取得サプリ
ビタミンK2を除去
 

豊年納豆キナーゼ

豊年納豆キナーゼ 価格/内容量 7,140円/150粒
ナットウキナーゼ
含有量
2000FU
その他の特徴 日本ナットウキナーゼ協会認定のJNKAマーク取得サプリ
イチョウ葉エキス、大豆由来のホスファチジルコリン、天然ビタミンEを配合